新生児をベッドに放り投げ頭蓋骨骨折 乱暴な看護師は妊娠中だった?

生後間もない小さな命、赤ちゃんをなぜそこまで乱暴に扱うことができるのか。 

社会

2019/11/23 13:00

新生児
(Jacek_Sopotnicki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

病院内で起きている人権侵害や虐待の行為は、犠牲者でも出ないとなかなか明らかにならない。今、韓国でそんな一例が大きな関心を集めている。



 

■生後5日で頭蓋骨骨折

韓国・釜山にある私立の産婦人科病院で先月20日の深夜、生後5日の女の赤ちゃんが呼吸困難に陥り、救急車を要請。検査のため大きな総合病院に救急搬送された。

そこで赤ちゃんが頭蓋骨を骨折し、内出血など脳内のダメージが深刻であることが判明し、医師は事故の可能性が高いことを警察に報告した。


関連記事:「障害をもつ子の世話に疲れた」 10代息子を捨てた母親が逮捕

 

■防犯カメラの映像

赤ちゃんの頭蓋骨骨折がなぜ起きたのか警察は捜査を開始したが、産婦人科病院は自分たちの関与を否定。「転院の救急搬送時に何か強い衝撃が加わったのでは」と、むしろ救急車側の責任を疑ったという。

続いて産婦人科病院内の防犯カメラの映像が確認されたが、問題の10月20日の映像が2時間にわたり削除されており、そこから警察の疑惑はこの病院に集中した。

次ページ
■新生児を乱暴に扱う看護師

この記事の画像(1枚)