「ファミレスでの勉強で帰っていく客も…」の掲示が話題 各社の見解は

ファミレス店長の苦悩のメッセージが「ド正論だ」と話題に

話題

2019/11/23 12:30

(提供:すかいらーくグループ)

ファミレス店長の苦悩が現れたある掲示が、今ネット上で話題になっている。しらべぇ取材班は、ファミレス各社に見解を聞いた。


 

■「お食事されるお客様を最優先」

話題になっているのは、「勉強されている方々へ」というジョイフル上熊本店店長のメッセージ。その内容は長文で、以下のようなものだ。


「定期試験お疲れさまです。そして当店をご利用頂きありがとうございます。他社などにおいては勉強等を禁止しているところもあります。しかし、私どもは学生の皆さんを応援し、勉強等もして頂いても構わないと考えております。


ただ考えて頂きたいことが一つございます。ここはファミリーレストランでありお食事をする施設であること。つまり、お食事をされるお客様を最優先として考えていきたい。


お客様がお食事ができなく、帰っていかれることもしばしばございます。不快に思われるお客様もおられます」



これに対して、ネット上では、「ド正論」と称賛の声があがっている。


関連記事:タクシーのSOS表示が話題に 「首都圏を中心にタクシー強盗が多発」

 

■店長の判断で掲示

この掲示を本社は、どう思っているのだろうか。ジョイフル広報担当は、取材に対して、「この掲示は、2年ほど前に、お客様が帰られたりするのを見て、上熊本店店長の判断で行ったものだが、現在は掲示してない。全店舗で行ってはおらず、勉強することを会社として禁止していない。

ピークタイムなどでは、店の状況を判断して、お声がけすることもある」と話した。


■ファミレス各社にも聞いた

他社は、どのように考えているのだろうか。ジョナサンやガスト、バーミヤンなど全国約3,200店舗を有する、すかいらーくグループ広報に聞いた。

同社では、「店内で勉強や仕事をすることを、一切禁止していない。むしろ、『色々な使い方をしてください』というスタンス。そのために、コンセントや無料Wi-Fiを設置したり、お一人様席を設けたりしている」という。

また昨今の客には多様なニーズがあるため、「料理を必ず注文してください」というシステムにはしておらず、「ドリンクバーのみで店内でくつろいでいただくことも全く問題ない」とのこと。

「勉強している方は、ピークタイムより、ティータイムなど混雑していない時間帯に多い。ただし、混雑時には、お客様にお声掛けをさせて頂くこともある」と述べた。

・合わせて読みたい→バーミヤンタクシーが都内に出没 外食とタクシーの異色コラボの背景は…

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)