16歳の少年と無防備な性交渉 HIVを移した男が罪を認める

あまりにも身勝手な男のせいで、10代だった少年はとんでもない運命に翻弄されることに…。

社会

2019/11/24 10:00

落ち込む男性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ネットで知り合った少年を気に入り、HIV陽性であることを隠したまま、たびたび少年と性的な行為にふけっていた男がいる。その少年がある噂を聞き検査を受け、返ってきた結果に大ショック。同じような被害にあったのは「この少年だけではない」という報道もある。



 

 

■少年と男の出会い

米テネシー州で暮らすダンスインストラクター(30)は、リアリティ番組に出た経験もあり、ダンスの世界ではちょっとした有名人だったという。

その男は2012年にHIV検査を受け「陽性である」と十分承知していたというが、その3年後にあたる2015年にはソーシャルメディアで当時16歳の少年と知り合い意気投合。実際に会うようになったふたりは惹かれあい、すぐに肉体関係になったという。


関連記事:HIVを女性3名に感染させた男に実刑判決 被害者が苦しい心境を吐露

 

■危険なセックスを続けたふたり

男は少年とたびたび会い、「HIV陽性」という事実は伏せて無防備なセックスを楽しむように。

少年に会えないときには猥褻なメッセージや裸の写真まで送り合うほど夢中になっていたというが、少年にHIVを移してはならないという良心は完全に欠けていた。

次ページ
■少年もHIV陽性に

この記事の画像(1枚)