友人の結婚パーティーの“下心価格”にモヤモヤ… 「ありえないでしょ」

友人の結婚パーティーで、なんともモヤモヤする事実に気づいてしまったようだ。

人間関係

2019/11/24 06:45

結婚式
(Anntua/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人生におけるおめでたいイベントの1つが結婚式。友人の式に呼ばれた際は気持ちよく門出を祝ってあげたいところだが、思わぬところでお祝いの気持ちが萎んでしまうケースもあるようだ。


 

■クオリティに驚き

『Yahoo! 知恵袋』で話題となっているのは、友人の結婚パーティーに出席してきたという質問者のトピック。会費は15,000円だったが、次第に会費が友人の「下心価格だったのでは」という疑念が湧いてきたようだ。

パーティーは立食ビュッフェで、食事のメニューはピザ、ポテト、パスタ、ピラフといったラインナップで肉・魚料理は一切なかったそう。質問主は「正直、カラオケ店レベルの食事でした」とバッサリ切り捨てている。


関連記事:結婚式に友人を招待したら拒否された その理由に「気持ちもわかる」「友達ではない」

 

■食事だけでなく…

パーティーの演出もそこまで凝ったイベントはなく、ケーキ入刀や余興の歌、5分ほどのDVD上映といった演目が続いた模様。会費の設定額に対してあまりに質素なパーティーに参加し、質問者は「確実に黒字だろうな…」という疑念が湧いてしまう。

途中から祝う気持ちが薄れてしまい、モヤモヤした気持ちのまま帰路についたようだ。

次ページ
■「これはひどい」と同情の声