もしピエール瀧が「アナと雪の女王2」のオラフを演じていたら伝説になった理由

もしピエール瀧がアナと雪の女王2でオラフを演じていたら…

エンタメ

2019/11/24 10:30

ミュージシャンとしてだけでなく、俳優や声優など、マルチな才能を発揮していたピエール瀧のコカイン使用での逮捕は、彼自身のファンだけでなく、彼が出演していた作品や演じていたキャラクターのファンたちに衝撃を走らせた。

とくに22日から2が公開されている『アナと雪の女王』のキャラクター・雪だるまのオラフのファンは、声優の交代を心から残念がった人も多い。


 

■「ピエールのオラフを見たかった」との声も

交代後の声優・武内駿輔の演技も非常に評価が高いが、「やはりオラフの声はピエール瀧にやってほしかった」という声も少なからず見受けられる。

記者もアナと雪の女王のファンで、ピエール瀧のオラフを愛していただけに2を観たときに少しの違和感を感じたが、それ以上にもしもピエール瀧が2でオラフを演じていたら、間違いなく“伝説”になっていたと確信した。

その理由は少しネタバレになってしまうので、まだアナと雪の女王2を観ていない人はこの続きを読むのを注意してほしい。


関連記事:『アナ雪』オラフが新声優になって初放送 CMで流れた声に「ビビった」

 

■ピエールオラフが伝説になるはずだった理由

アナと雪の女王2のストーリーの一部で、とある理由からエルサが凍り付き魔法の効力が無くなってしまい、オラフは溶けて白い粉雪となり死んでしまう。

しかし、アナの活躍によりオラフは見事復活を果たすのだが、アナと雪の女王2のあとにピエール瀧が逮捕されていた場合、このシーンがピエール瀧の逮捕から復活までの状況とソックリになるのだ。

次ページ
■アナ雪と逮捕から復活までのストーリーが酷似

この記事の画像(1枚)