5歳娘を強姦した男の局部を母親がナイフで切断 「警察が動かないなら」

幼い娘が味わったひどい苦しみと痛み、そして恐怖。母親は「同じ思いをあの男にも」と考えた。 

オトナ

2019/11/25 10:00

ナイフ女性
(ferlistockphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「警察が動いてくれないから」と凶器を手に立ち上がった母親。男は下着を脱がされると…。



 

 

■若い女が男を急襲

南アフリカ共和国・東ケープ州南部のポートエリザベスで今年8月上旬、男がいきなり襲われ、局部を切断されて病院に運ばれるという事件が起き、人々を身震いさせた。

そして9月、警察はヴェロニク・マクウェナ(Veronique Makwena)という23歳の女とその義理の妹、さらに友人の3名の若い女を傷害容疑で逮捕した。


関連記事:2歳女児を5時間にわたり性的暴行 32歳の男に死刑が確定

 

■5歳少女は手を縛られ…

警察の取り調べに対し、主犯のマクウェナは娘が性的暴行を受けたことへの報復だと供述。

「外出先であの男は隙を見て私の5歳の娘を誘拐した」「翌日ぼろぼろの公衆トイレで発見された娘は、便器に腕を括り付けられ体から血を流していた」「娘の話からあの男の居場所を突き止め、3人で襲い局部を切断した」などと話したという。

被告3名は保釈保証金を支払い、すでに保釈となっている。

次ページ
■町の指導者は警察を批判

この記事の画像(1枚)