武井壮、「結婚相手は若ければ若いほどいい」と主張し視聴者ドン引き

『人生イロイロ超会議』で武井壮が「結婚相手に求めるもの」として「若さ」を熱望して…

エンタメ

2019/11/26 09:40

武井壮

25日放送『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』(TBS系)では、芸能界の結婚できない男達が集結し理想の結婚について熱弁した。そのなかで、百獣の王・武井壮(46)が「結婚相手に求めるもの」として「若さ」だと主張、視聴者からは厳しい意見が寄せられている。



 

◼若さを求める武井

結婚相手は「若ければ若いほうがいい」と主張する武井に、高嶋ちさ子は「これはヤバい」と絶句。スタジオからも悲鳴があふれた。

武井は慌てて、単純に年齢の問題というだけではなく「気持ちや社会的な常識が若いほうが楽しいし合う」とこの主張を解説、「怒ったり叱られたりするのが一番苦手。ケンカを絶対したくない」と語る。

「大人の社会的常識があって仕事のできる女性に叱られるのが一番苦手。失礼に当たるかもしれないが、ハッキリ言うと高嶋さんみたいな女性が一番苦手」と熱弁した。


関連記事:高嶋ちさ子、人生で1番苦手なことを告白 「常にテンション高いから…」

 

◼唯一ダメなのがちさ子

さらに「女性の怒りの声や表情、しぐさがダメ。恋心がなくなる」と明かした武井に、ちさ子からは「理想が高いのかな?」と疑問の声が飛び出す。

武井は「理想はなく幅広い。地球上の女性の遺伝子を持つ人はほぼ全員大丈夫。メスゴリラにもドキッとした」と反論し、「唯一、高嶋さんだけが無理」と笑う。

そこから「無邪気な子供みたいな、若さを持った女性といたほうが楽しい」と続けたが、ちさ子からは「女性の無邪気は4歳で終わる」と一蹴された。

次ページ
◼視聴者もドン引き