2020ミス・インターナショナル日本代表が決定 「普通の会社員」寺内千穂さんに

「2020ミス・インターナショナル」日本代表選出大会が開かれ、寺内千穂さんが日本代表に決定。

TOP5

26日、都内にて「2020ミス・インターナショナル 日本代表選出大会」が開かれ、寺内千穂さん(26)が日本代表に選ばれた。


画像をもっと見る

 

■46名から代表が

ミス・インターナショナルは、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ミス・コンテストの一つ。美しさはもちろん、国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが『美と平和の親善大使』として集い、互いに交流を深めることを目的としている。

候補者たちの艶やかな着物審査と水着審査から始まった、日本代表選出大会。

ミスインターナショナル候補者

46人から15人、そして8人へと絞られたのち、トップ5が選出される。

今回の候補者には、アップアップガールズ(仮)の森永新菜やオリンピック空手代表候補の吉岡静香、陸上のケンブリッジ飛鳥との深夜デートが撮られた町田弥生など話題性の高い候補者が多かったが、いずれも15人に残れず。


関連記事:M−1審査員のナイツ・塙宣之 「審査するとパクる傾向にある」と苦笑

 

■「普通の会社員」が日本代表に

ドレス審査や英語でのスピーチ審査を経て、2020ミス・インターナショナル 日本代表に選ばれたのは寺内千穂さん。

寺内千穂

「最年長26歳で普通の社会人」だと話す彼女は、普段は広告代理店でアシスタント業務をしているといい、「今、クリスマスや年末年始などイベントごとが多くなってきているので、大会が近づくにつれて仕事量が多くなる」とならではの苦労を明かす。

そして「どういった時間を有効に使えるかと考えた時に『朝だったら確保できるな』と思って…5時に起きて6時半から8時半まで自主練をして、9時半から会社に行く生活を1ヶ月半していました」と微笑む。

次ページ
■ミス・ユニバースで悔しい思いを

この記事の画像(23枚)