『スター・ウォーズ』まさかの大失態 ホテルに置き忘れた最新作の台本が流出

どんなにセキュリティーを高めても、それは役者たちに広く配られてしまう。

エンタメ

2019/11/27 08:00

台本
(Pixsooz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日本でも来月20日の公開が予定されている、映画『スター・ウォーズ』シリーズの完結編となるエピソード9の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題/Star Wars:The Rise Of Skywalker)』。この作品の撮影中、ある役者が大失態を演じてしまった模様だ。



 

■期待の完結編があわや台無しに

『ミッション・インポッシブル』『スター・トレック』、そして『スター・ウォーズ』など、いくつものシリーズ作品を爆発的にヒットさせてきたハリウッドの凄腕プロデューサー、J・J・エイブラムス氏(53)。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のメガホンをとったエイブラムス監督が、このほど米国の朝の人気情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』に出演し、興行収入を左右する可能性もある深刻なアクシデントが起きていたことを明らかにした。


関連記事:幼稚園児が選ぶ『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』好き・嫌いなキャラTOP3

 

■キャストの1名が…

作品の公開まで、何がなんでも隠し通さなければならない台本の内容。紛失や盗難の被害にあわないよう、それを渡された役者の側も責任重大だ。

「ネタバレだけは避けたいため、台本はコピーができない用紙を使用し、最小限の印刷数にとどめ、大変注意深く管理されていた」と話すエイブラムス監督。

だがキャストの1名(名前などは明らかにされず)が、あろうことか自分の分をホテルの部屋に置き忘れるという大失態を犯したそうだ。

次ページ
■監視の目を光らせたスタジオ

この記事の画像(1枚)