保育士の筆記試験に一発合格 受験のきっかけは神のお告げ?

保育士の試験に一発で合格。きっかけは、お正月の出来事だった。

社会

2019/11/30 14:30

保育士
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タレントの朋未が28日にブログを更新。保育士の筆記試験に合格したことをつづったが、軌跡がドラマチックのようだと話題を呼んでいる。



 

■保育士の筆記試験に一発合格

合格通知の写真とともに、保育士の筆記試験に一発で合格したと報告する朋末。だが昔からなりたいと思っていたわけではなく、昨年は保育士になろうとは夢にも思っていなかったという。

今年のお正月の初夢で道は開かれた。託児所か保育園で働いていると思われる夢を見たのだ。以降、資格がなくとも働ける託児所でバイトの経験を重ね、大学や専門学校への入学を考えだした。


関連記事:つるの剛士が指摘した”保育士試験の受験資格”とは 厚労省は「議論重ねてバランスを調整」

 

■「信じられない感じ」

こうした軌跡をたどったため、「初夢見なかったら大学にも資格も取ってなかったんだろうな」と分析。勉強以外でも、子供を題材にしたドラマを見たりするなど、子供がいる環境で働くイメージを積み重ねた。

それだけに、「結果はきたものの、まだ信じられない感じです」とつづっている。コメント欄では「初夢は神様のお告げかな?」といった声があがっている。


■夢を持つことはいいこと?

なお夢についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「夢について」の調査を実施。「いくつになっても、夢を持つことはいいことだと思う」と答えた人は、全体で69.5%だった。

いくつになっても夢を持つのは良いことだと思う?

いくつになっても目標を掲げるのは良いことだろう。

・合わせて読みたい→「保育士の子供を1人も保育園に入園させなかった」は本当?  市は「統計的にあり得ない」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)