清原和博氏、スタジアムに登場 観客から巻き起こった“清原コール”

元プロ野球選手の清原和博氏が『World Tryout2019』に登場した。 

スポーツ

2019/11/30 14:00

清原和博

30日、明治神宮球場で行われた『World Tryout2019』に、元プロ野球選手の清原和博氏が登場した。


 

■監督を務めた清原氏

東北楽天ゴールデンイーグルス元投手の横山貴明、西武ライオンズ元投手の高木勇人ー。元NPB選手、独立リーグ所属の選手ら30人弱が、スカウト関係者らの前でプレーをアピールし、プロ契約を目指すこのトライアウト。10時、13時開始の2試合行われた。

今回のトライアウトは、ルールが通常の試合と異なる。9イニング制とは異なり、試合時間が90分などと定められ、終了30分前に最終イニングが決定されているのだ。


関連記事:稲村亜美、往年の名選手と豪華ショット 大魔神の裏に清原和博の姿も

 

■マウンドを降りた投手に拍手

World Tryout2019

内野席が観客らに開放されたこの日。よりよい席で観戦しようと受付開始の9時前から並ぶ様子も見られた。入場が開始し、観客席は300人を超える人で埋め尽くされた。売店も一部開放され、気温10度前後と肌寒いとだけあり、酒で身体を温めようとする人も見られた。

投げ終え、マウンドを降りた投手には観客からの拍手があがり、選手をねぎらった。


■ユニフォーム姿で登場し…

清原氏は今回のトライアウトの監督を務めている。試合開始が近付き、ユニフォーム姿でスタジアムに足を踏み入れた。「キヨハラー!」。球場内にコールが鳴り響いた。

観客の誰もが冬の装いで訪れていたが、このときばかりは球春到来したかのようだ熱気に包まれた。今後の清原氏の野球界への貢献に期待したい。

・合わせて読みたい→田中将大、マウンドでのうっかりミスを告白 「緊張しすぎた…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事の画像(2枚)