「元彼に胸を切り取られそうに…」 九死に一生を得た女性が明かした凄惨な事件

女性に重傷を負わせ、「じゃあな」と言い捨て立ち去った男。生き延びた女性の証言に多くの人が震え上がった。

社会

2019/12/01 15:40

守る
(Tinnakorn Jorruang/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「もう一度やり直そうぜ」としつこく迫る元恋人に誘拐された一児の母。森に連れ込まれた女性を待っていたのはあまりにも酷い暴行だったが、女性は奇跡的に生き延び被害状況をメディアに明かした。

過去には熱愛関係にあったふたりだが、愛情を拒絶された男の怒りはあまりにも大きかったようだ。



 

 

■暴力癖があった男

ロシアで暮らすある女性(29)は、1児(6)を必死に育てながら仕事にも精を出す頑張り屋だった。

恋人もおりしばらくはとても幸せだったというが、男は女性の息子に嫉妬するなど大人げない部分が多く、女性と言い争っては殴りつけるという最低な行為にたびたび走るようになったという。

そんな男に嫌気がさした女性は「もうあなたとはおわり」と伝えたが、これにキレた男は「俺と別れたら、お前は墓場行きだ」などと言い放った。


関連記事:フラれた男が逆上 「最低な死に方をしろ」と元恋人をハンマーで襲撃

 

■帰宅途中に起きた誘拐事件

ある日女性が普段通りに仕事を済ませ家に帰ろうとしたとき、別れた男がいきなり現れ女性につかみかかったとのこと。

嫌がる女性を無理やり車に押し込んだ男は森に向け車を走らせ、目的の場所に到着するなり女性を車からおろし、あらかじめ用意してあったとみられる野球バットを手にとり女性に襲いかかった。

次ページ
■拷問と置き去り

この記事の画像(1枚)