パスポートを所持しているのに「出国できません」と宣告 その理由は…

パスポートを持っているのに、出国できないと言われた体験談がつづられた。

社会

2019/12/01 06:45

パスポート
(Yobab/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パスポートは申請が面倒。多くの人が「早く電子化に」「手続きを簡略化してほしい」と考えていることだろう。


 

■1センチ破けたパスポート

アーティストのギターウルフセイジが27日、パスポートにまつわる、煩雑過ぎる事件をつづった。成田空港でカウンターの担当者に呼ばれた彼。「このパスポートでどこかに出国したか」と、意図をつかめない質問をされ「はい」と回答。

すると、「パスポートが破けている」と指摘を受ける。昨年あたりから、1センチほど破けているという箇所を指したもの。「確認するのでお待ち下さい」と止められ、待っていると上席らしき職員から「シャルル・ド・ゴール空港からNGを受けました」と、出国できないと宣告された。


関連記事:【東京タワー、すみだ水族館ほか】TDL、USJだけじゃない!めっちゃ使える東西年間パス6選

 

■納得いかない理由

理由は「機械で読み取れない可能性があるため」。セイジは「機械が読めなくとも人は読めるじゃないか」「1センチ破けているとはいえ、その部分がなくなっているわけではない」と、破けただけで出国できないと伝えられた理由に納得がいかない。

ともに日本を発つ予定だった2人にまずパリに向かってもらい、彼は翌朝イチで都庁のパスポートセンターに並んだ。緊急発効をしてもらえば、ギリギリでパリで自身が行うショーに間に合うと目論んだのだ。


■都庁でも煩雑さにさいなまれる

だがここでも煩雑さが彼を襲う。「再発行には1週間かかります」。明日は発行できないのか。それが難しいと言われ3日後となんとか交渉に成功。

だがそのためには、身分証明、ショーに間に合わなければならない理由などを数時間後の午前中までにFAXで送付せよ、と条件を突きつけられる。

事務所の定款などをコピーし、なんとかギリギリ午前中に送付完了。すぐに電話がかかり、「なんとか3日後にパスポートを発行します」と事なきを得た。2つのショーはキャンセルを余儀なくされたが、現在はツアーをめぐっていると事の顛末を明かしている。

・合わせて読みたい→西山茉希、直近のインスタ投稿を謝罪 「勘違いさせたいわけでは…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事の画像(1枚)