「世界一美しい」有名な双子姉妹 父親が急性リンパ性白血病で笑顔が消える

この家族には、とにかく強くて逞しい父親の存在が必要だ。それなのに…。

社会

2019/12/01 13:30

双子
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界一美しい、かわいらしい双子として称賛され、ちびっ子モデルとしてデビューを果たした幼い姉妹。しかし最近の2人の表情は暗い。とても辛い状況と闘っているというのだ。



 

■世界一美しい双子と呼ばれ

米カリフォルニア州に暮らすケヴィン&ジャッキー・クレメンツさん夫妻の長女と次女で、一卵性双生児のリア=ローズちゃんとエイヴァ=マリーちゃん。

「世界一美しい双子・クレメンツ・ツインズ」として有名な現在9歳のこの姉妹は、美少女好きにはたまらない存在。世界の150万人が彼女たちのインスタグラムをフォローしている。


関連記事:「1人では生きていけない」 片方がガンに冒された双子が一緒に自殺

 

■父親が重い病に侵される

ところがここ数週間の姉妹については、これまでのような屈託のない笑顔が消え、むしろ寂しそう、あるいは不安そうな表情の写真が増えている。

その理由は家族に起きた予期せぬ悲しい出来事にあった。大好きなパパ、ケヴィンさんが急性リンパ性白血病のうちの「Tリンパ芽球性白血病/リンパ腫(T-ALL)」と診断されたというのだ。

次ページ
■家族を守るかけがえのない存在

この記事の画像(1枚)