カルト集団リーダーの父親 悪魔払いの儀式で9歳息子を死なせる

子供がイタズラをした、言うことを聞かない、それを悪魔のせいにされても…。

社会

2019/12/02 08:20

虐待
(spukkato/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「私の息子の体に悪魔がとりついた。解放のためのエクソシズムが必要だ」と叫ぶ父親と、その命令に従った母親。残虐な行為で命を奪われた幼い少年の父親は、カルト集団のリーダーだった。


 

■猿ぐつわを口に全身をムチで…

恐ろしいエクソシズムの話題がロシア・スヴェルドロフスク州の州都エカテリンブルグから伝えられた。

ユゴ=ザーパドニ地区の湖のすぐ近くで、デヴィッド・Kくんという9歳の男の子が遺体となって発見されたもので、デヴィッドくんは全身にムチで打たれたような跡があり、声を出せないよう大きな猿ぐつわを口に詰められていた。そのせいで酸欠状態に陥ったと考えられるという。


関連記事:9歳長男の胃を破裂させ殺害容疑の両親逮捕 「鬼畜は極刑にすべき」と怒号

 

■父親がカルト集団のリーダー

この事件に関して警察に情報を寄せたのは、亡くなった少年のおばだった。

彼女はデヴィッドくんの両親が、カルト集団のひとつでイエス・キリストの12人の弟子たちを名乗る『the Disciples of Jesus Christ』に所属しており、父親がそのリーダーであることを説明。両親の過激な宗教観や危険な思想について常に心配していたという。

警察はただちにデヴィッドくんの父親であるゼムフィラ・ガイヌリナ容疑者の身柄を拘束。しかし母親はベラルーシに逃亡していた。

次ページ
■母親は体を押さえつける役

この記事の画像(1枚)