12歳女子中学生が下校途中に同級生を刃物で刺す 最近になって仲違いか

かつては「仲違いしてもまたすぐ仲良しに」と楽観視することもできた友人関係だが…。 

社会

2019/12/02 08:40


 

■友人関係が最近ギクシャク

クレア・コステロ校長はこの2人について、最近仲違いをし、その日も口論があったことを確認。しかし詳細については「警察の調査結果を待っている」と述べるにとどめている。

自殺に追い込むネットいじめ、性犯罪、そして死傷事件など少年犯罪の低年齢化が進んでいるイギリス。この学校に通う生徒や保護者も、身近で恐ろしい傷害事件が起きたことにひどく動揺しているという。


関連記事:ネットで出会った15歳と12歳が駆け落ち 少年が見せた「男の気概」に驚く

 

■少年(少女)犯罪の刑罰は?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に罪を犯した未成年者についての意識を調査したところ、全体の63.9%が「刑罰が軽いと思う」と回答した。

少年犯罪

「もっと厳しくあるべき」と答えた割合が最も高かったのは、40代の女性で75.0%。もしも我が子の近くに人の命を軽く考えるような非行少年少女がいたら…そんな不安もあるのだろう。とにかく学校は誰にとっても明るく楽しく過ごせる場であってほしいものだ。

・合わせて読みたい→「10歳のパパ」はとんだ濡れ衣だった 15歳少年に強姦されていた少女

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日 
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)