稲垣啓太、全身私物姿で見せた謙虚な姿勢 「この場にいて大丈夫ですか?」

ラグビー選手の稲垣啓太がベストドレッサー賞授賞式に登場した。

スポーツ

2019/12/02 16:20

稲垣啓太

ラグビーワールドカップで活躍した稲垣啓太選手が、27日に行われた『第48回ベストドレッサー賞発表・授賞式』に特別ゲストとして登場した。


 

■謙虚なあいさつ

黒のジャケット姿で登壇した稲垣。「この場にいて大丈夫ですかね…。(イベントに)慣れてない」と謙虚にあいさつする。

着用した服はすべて私物だといい、「会場とかに行くときに使う服。今日のベストドレッサー賞という素敵な賞に参加させてもらっていいのかな」と述べた。


関連記事:20日開幕のラグビーワールドカップ ファンが考える見どころとは?

 

■「文化として根付くように」

つい先日まで日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップも終了。「ワールドカップでは応援が力になった。これからも日本のラグビーがステップアップできるよう努めますので応援よろしくお願いします」と改めて応援に感謝。

現在の過ごしかたは「いろんなメディアに出させてもらって、ラグビーがブームになってますがブームで終わらず文化として根付いていけるよう、ラグビー界をよろしくお願いします」と話した。


■1月からはトップリーグ開幕

今後のラグビー動向についても言及。「来年1月からはラグビートップリーグ2020も始まるので、結果を残したい。人気がさらに高まるように、寒い時期だけど熱いプレーを見せたい」と意気込んだ。

稲垣選手が所属する、パナソニックワイルドナイツは1月12日にクボタスピアーズとの試合で開幕する。

・合わせて読みたい→ラグビー日本、因縁のスコットランドに勝ち決勝T進出 快挙に感動の声

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝 撮影/KEN)

この記事の画像(13枚)