ハリセンボンはるか、博多華丸に絡まれて大号泣 「ずっと抑えてたんですが…」

『博多華丸のもらい酒みなと旅2』にゲスト出演したハリセンボン・箕輪はるかがガチ泣きした…

エンタメ

2019/12/02 19:20

v

博多華丸がゲストと酒を酌み交わし、酔った勢いそのままにトークを展開する人気バラエティ番組『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)。

1日深夜放送回では、ハリセンボンの箕輪はるかと近藤春菜がゲスト出演したのだが、華丸の絡み酒ではるかがガチ泣きする展開に。この一連のやりとりに大きな反響が起きている。


 

◼徐々に空気が変化

ハリセンボンの行きつけの店もある三宿を舞台に、華丸と春菜はアルコール、呑めないはるかはソフトドリンクで乾杯。トークに花を咲かせていく。

1軒目では和やかに会話を楽しんでいた3人だったが、終盤から華丸の酔いが回っていき、2軒目になると空気が一変。徐々に絡み酒の様相を呈していき、はるかに対して「現状に満足してそう」「野心がない」と詰め寄り、追い込んでいった。


関連記事:かまいたち・山内健司が先輩芸人の女優へのセクハラ発言にドン引き 「あれは酷い」

 

◼酔っ払う華丸

「この歳まで生きられるとは思わなかった。もう充分」と華丸の指摘通り現状に満足していると明かしたはるか。これに華丸が「充分じゃない」としつこく食い下がってきたため、はるかは「(華丸さんに)なにかしました?」と困惑をのぞかせる。

「なにかしないと。しなさすぎる」「生きてるくせに」「なんかやりなさいよ」と詰め寄り続ける華丸。「薄みしかない。その(着ている)カーディガンもそうだけど全部薄い」「なんか厚みがあるといい」と持論を展開し続けた。

さらに「あなたを目指して頑張ってもがいている若手がいる」とはるかの現状を否定するような発言を華丸が連発すると、はるかは苦笑いを浮かべながら「そういう方は、別に頑張っていただいて…」と自分とは頑張り方のスタンスが違うと主張。

これに、「キラキラした目しやがっていっちょ前に。コメントは死んでるのに目は生きてる」と華丸は呆れながらツッコんだ。

次ページ
◼はるかが号泣