櫻井翔、受けてきた“カスハラ被害”を告白 視聴者「笑えなかった」

嵐・櫻井翔が、『news zero』でこれまで自身が受けてきたカスタマーハラスメント被害を告白。ファンの間で衝撃が広がっている

エンタメ

2019/12/03 13:30

櫻井翔

2日放送の『news zero』(日本テレビ系)では、接客業従事者が直面している「カスタマーハラスメント(通称:カスハラ)」について特集。その中で嵐・櫻井翔が、自身やが受けてきたカスハラ被害について告白した。


 

■櫻井が受けてきた「カスハラ」

「カスハラ」とは、接客の際の理不尽なクレームや暴言のこと。番組では、カスハラ被害を受けた経験があるという様々な職業の人々を招き、カスハラについて考える座談会を実施した。

参加者がカスハラ被害の実体験を告白していく中で、櫻井は「僕なんかもよくありますけど、スマホで写真とか撮られて、(ネットに)さらされるとか」と、ファンからのカスハラを告白した。


関連記事:櫻井翔も被害告白の「カスハラ」 温床の「お客様は神様論」について聞くと…

 

■理不尽すぎる実体験の数々

芸能人に限らず、様々な職業で「SNSでのカスハラ」が続出しているようで、警備員の男性は客とトラブルになった際、「お前の顔もう覚えたからな」とスマホで写真を撮られ、それがツイッターで拡散されてしまったという。

飲食店で働く男性は、客がわざと料理を崩し、その写真を「盛り付け悪かった」としてSNSで拡散されてしまうといった被害を告白。

こうした実態に、櫻井も「怖いですね…」「皆さん大変ですね…僕の仕事だけだと思ってましたよ」とつぶやいた。

次ページ
■ファン衝撃「笑えなかった」