タクシーのSOS表示が話題に 「首都圏を中心にタクシー強盗が多発」

タクシーに関するツイートを見ていたから行動できたと感謝の声が…

社会

2019/12/05 09:00

ツイッター上で、「あるタクシー会社の過去ツイートのおかげで通報できた」と話題になっている。しらべぇ取材班は、そのタクシー会社などから話を聞いた。


 

■過去ツイートを見ていたことで…

このツイートを過去に見ていことで、実際にこの場面に遭遇し、即行動できたという。

ツイッター上では、「知らなかった」や「勉強になった」という声が相次いでいる。


関連記事:「一緒に帰りませんか」女性を誘いわいせつ行為 タクシートラブルの実態とは

 

■全200車両に設置済み

熊本タクシーのツイッター担当者は、「以前は空車のみが表示できるものだった。予約が入ったときにはそこに札を掲示する仕組みだったが、5~6年前から、電光掲示のものが登場した」と話す。

「当社も順次少しずつ採用し、全200車両ほぼすべてに設置が完了した。空車や予約中、SOSを切り替え表示できるようになっている」とシステムについて述べた。

「当社は、幸いなことにこのSOSを掲示したことが一度もない。マナーが良いお客様が多く大変助かっている。もちろん、月1回の研修の中で、運転手が身を守る教育も行っている」と実態についても話してくれた。

次ページ
■強盗防止のために

この記事の画像(1枚)