岡副麻希、観葉植物と謎ツーショット ファンは「木になりたい!」

岡副麻希がインスタグラムを更新。ツーショット写真を公開したが、そのお相手は人ではなく観葉植物だった。

岡副麻希

フリーアナウンサーの岡副麻希が自身のインスタグラムを更新し、ツーショット写真を公開した。本来、岡副のような有名人となるとツーショットの相手は芸能人らが多い。

しかし、岡副がツーショット写真を撮ったのは芸能人でもなければそもそも人間でもない。なぜか観葉植物だった。



 

■どうして…

岡副によると、準備が早く終わってしまったために移動までの時間ができたそうだ。ちょっとした空き時間ができたのだが、そこで本を読み進めたり、身体を休めたりするなどせず、ある行動をとった。

「目に優しい?(グリーンだから)観葉植物にツーショットお願いしました」目に優しいかは別として、なぜか観葉植物とツーショット。しかも複数枚撮って、インスタグラムに投稿した。


関連記事:岡副麻希、寒くて取った行動が意外すぎ 「骨、どうなってるの?」

 

■光合成

さらにハッシュタグをみると「光合成」と書いてある。岡副の眩しい笑顔で植物を――無理がある。ちなみマネジャーから「緑に埋もれていってみては?」との鶴の一声があったそうだ。

岡副のマネジャーは奇想天外な発想の持ち主のようだ。いくら人気がある岡副とはいえ、観葉植物との謎なツーショットではファンの反応も今ひとつなはず。そう思いコメント欄を覗いた。


■この可愛さ、無敵

破竹の勢いで世の男性を虜にする岡副をなめてはいけなかった。「観葉植物に麻希ちゃんの美脚、どっちも素敵ですね」や「木になりたい!」などメロメロの様子。いくら疑問を抱いても可愛さの前に屈服するしかないようだ。

こうなってくると、どんなシチュエーションであれば、ファンが引いてしまうのか気になる。マネジャーのアイデア力もあるようなので、果敢に新しいシチュエーションでの撮影にトライしてもらいたい。

・合わせて読みたい→岡副麻希、美女に囲まれた姿での謝罪にファン衝撃 「私のせいで…」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部