『スッキリ』加藤浩次、相次ぐ無断キャンセルへの苦言に「よく言った」

『スッキリ』飲食店の予約を無断で反故にする客に対し、加藤浩次が苦言を呈した。

エンタメ

2019/12/06 12:00

加藤浩次

12月も間もなく中盤に差し掛かり、職場やプライベートで「忘年会を控えている」という人も多いだろう。そんな中、6日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では相次ぐ飲食店の無断キャンセルがとり上げられた。


 

■理由とは呼べないような…

『スッキリ』が注目したのは客側が無断キャンセルをする背景。最も多かったのが「とりあえず場所を確保するため」という理由で、「人気店なのでとりあえず」「予約をうっかり忘れた」という理由が続く。

上位に上がったキャンセル要因を見ると、店側の都合を軽んじている客が多いようだ。


関連記事:新年早々”たこ焼き店無断キャンセル”が話題 店長は「SNSで変に拡散されるのも困る」

 

■店の気持ちを代弁

店側からするとあまりに理不尽な理由が並んだのを見て、MCの加藤浩次は「従業員やお店に『やって頂いている』っていう意識が薄すぎるよ…」と苦言を呈している。

店をいくつか予約して気に入った店以外は無断キャンセルするというケースに対しては、「それは駄目だと思う」「1つのお店を予約して、駄目だったら次っていう風に予約しないと」など持論を展開。「それが普通なんだけどねぇ…」と続け、MCの近藤春菜と首を傾げてみせた。

次ページ
■「本当にそれ」と賛同相次ぐ

この記事の画像(1枚)