成田凌、潔癖症を克服する企画に悲鳴 「あまりにもかわいそう…」

『THE夜会』で、「他人が握ったおにぎりを食べられない」と明かした成田凌。催眠術で克服に挑むが…。

エンタメ

2019/12/06 16:20

成田凌

5日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、俳優の成田凌が出演。潔癖症であるがゆえに「絶対に食べられないもの」を明かした。



 

■潔癖症で「生きづらい」

「他人が握ったおにぎりを絶対に食べられない」と語った成田。「おばあちゃんとか美味しそうな手をした人が握っていたら大丈夫」なようだが、若者が握ったおにぎりには「えぐ味を感じてしまう」そう。

他にも、潔癖症で「外でトイレに行けない」「電車の吊り革・椅子にさわれない」など許せないものが多いため、「生きづらい」「催眠術をかけてもらって楽に生きたい」と語った。


関連記事:ハライチ岩井、他人が握るおにぎり食えないアピールに反論 「言うほど潔癖症じゃない」

 

■銀シャリ・鰻が握ったおにぎり

お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘が握ったおにぎりが食べられるように催眠術を受けることになった成田。「緊張で手汗がスゴい」と言いながら握られたおにぎりを前に「マジで…」と表情を曇らせる。

いよいよ催眠術をかけられ、鰻が握ったおにぎりを手渡されるが「食べたくない!」と全力で拒否。さらに催眠を強くしていくも、結果は変わらず食べることはできなかった。

次ページ
■「手汗はヤバい」と共感