もえあず、大食い試合中の行動に称賛相次ぐ 「日本の誇り」「さすが」

もえのあずきが、オーストラリアの有名フードファイターと対決。彼女の試合中の行動の数々に、称賛の声が寄せられている

エンタメ

2019/12/06 16:00

もえのあずき
(画像はもえのあずき公式Instagramのスクリーンショット)

5日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に、大食いアイドル・もえのあずきが出演。オーストラリアで大食い対決を行ない、そこでの彼女の振る舞いに称賛の声が相次いでいる。



 

■海外の有名選手と対決

オーストラリアの有名フードファイター、ジェシー・フリーマン選手と、現地で対決をることとなったもえの。

対決食材は、チーズの乗った肉厚パティを15枚積み上げたタワーバーガーで、試合は時間無制限、相手がギブアップするまで戦うデスマッチ形式で行われることに。

試合が始まると、ジェシー選手はバンズを手で握りつぶし、わずか4秒で胃の中へ。その光景に、ブラックマヨネーズ・小杉竜一は「ふっくら焼いた気持ち考えろよ…」とこぼしてしまう。


関連記事:『大食い女王決定戦』新人が女王と下剋上マッチ! 高橋みなみ「とんでもないものを見た…」

 

■最後までおいしく食べ、圧勝

一方のもえのは、「いただきます」をしてから食材に手を付け、手づかみのジェシー選手に対し、ナイフで食べやすい大きさに切り分け、「おいし~!」とニコニコしながら食べ進める。

ジェシー選手は前半「コアラのほうが君より食える」ともえのを挑発し余裕を見せていたが、後半でハイペースがたたり、パティ18枚を食べたところで手が止まってしまう。

結果、長期戦を見据えてペースを守り、終始食事を楽しんでいたもえのが総量3.3キロを平らげ、2.2キロ食べたジェシー選手に完勝。大食いのギネス記録保持者に「ギブアップだ…君は強すぎる」と言わしめた。

次ページ
■「日本の誇り」と称賛の声

この記事の画像(1枚)