愛犬と幼い子がいる家庭で火災 ダブルの悲劇に見舞われた一家

火事が発生したとき家人は、そして隣人はどう対処するべきなのか。 

社会

2019/12/07 13:00

火事
(Animaflora/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

暖房器具が必要になり、どこからともなく消防車のサイレン音が聞こえてくる季節となった。火事は実に怖い災害だ。



 

■電気系統のトラブルか

米国アーカンソー州のジェントリーという町で先月30日午後5時過ぎ、一軒の民家が火事で全焼。焼け跡から1歳11か月の男児と小さな子犬が焼死体となって発見された。出火原因については電気系統のトラブルの可能性が高いとみられている。

火の手が回り始めると家族は全員外へ。近隣住民の助けを得ながら消防車を要請し、その到着を待つことにした。家族が無事である様子に住民は誰もが安堵していたが…。


関連記事:藤沢市で大きな白煙があがる火災発生 「煙臭く窓が開けられない」

 

■最初は自力で消火しようと…

地元メディアの取材に、「まずは消火器などで自分たちで火を消し止めようと試みました」と話すカーティス&ケイトリン・シャープさん夫妻。

ところが火の手は意外なほど早く回り、2人はギリギリのところで消火を断念。息子のロキくんを抱きかかえ、貴重品などとともにすぐに家の外に出た。その後の2人は、消防車が来るまで近隣住民とともに火を消し止めようと努めたという。

次ページ
■慌ただしすぎた両親

この記事の画像(1枚)