「病気を家族にうつしたくない」 10年も隔離生活を続けた男性に衝撃事実

家族を心配し森での暮らしを始めた男性が、ひとりきりの生活を経て、驚くような事実を知った。

社会

2019/12/07 15:00

老人
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いきなり体中の皮膚がただれ苦悩した末に、「このままでは家族にも病気をうつしてしまう」とひどく悩んだ男性がいる。この男性は、じっくり考えた末に「家族から離れてひとりで生活しよう」と決意。小屋での孤独な生活を10年以上続けていたことが明らかになった。



 

■体の異変に気付いた男性

タイで暮らすある男性(72)は、60代に入ったころ体に起きている異変に気付き驚いた。

それは体中に水疱ができ始めたということで、痛みもあったことから男性は不安に。とりわけ心配だったのは「このままでは怖い病気を家族にうつしてしまうかもしれない」ということだったが、お金も十分にはなく病院には行けないこともあり、ある大胆な決断を下した。


関連記事:極寒の雪道でジョギング中に転び大ケガ 10時間以上這い続け生還した男性

 

■家族と離れる決意

男性は、家族や村人たちから離れた場所でひとりきりの生活をしようと決心。森の中にある小さな小屋に移り住み、人との接触を避けるようになったという。

唯一この男性の姿を見られるのは、男性のために食べ物と鎮痛剤を用意し届けに行く妻(59)のみ。そのような孤独な生活が始まって約10年が経過し全身がひどい状態になった男性だが、周囲への気遣いゆえにさみしさと痛みに耐え、必死に生きていたという。

次ページ
■自治体が男性を発見

この記事の画像(1枚)