足が太いと言われ一念発起 マクドナルド・ダイエットで年間15キロの減量に成功

「無理な」「辛い」「長続きしない」といったイメージがついて回るダイエットだが… 

社会

2019/12/07 14:30

ハンバーガー
(guruXOOX/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ダイエットには我慢や辛抱がつきものだが、それでは挫折した時の反動がこわい。むしろ発想をがらっと変え、好きなものがいっぱいの「いつものお店」でダイエットに励むというのはいかがだろうか。



 

■「足が太いね」の言葉に傷つく

台湾の大学生の間で人気の掲示板「Dcard」に、このほど国立台北商業大学の女子学生(名前などは明らかにされず)が痩身サプリなどに頼らず大幅減量に成功したことを報告。同世代の女の子たちの高い関心を集めている。

身長155センチで体重が64キロあった昨年11月、「足が太いね」と友人に指摘され、これはマズイと痩身を決意した彼女。現在の体重は49キロで、1年間で15キロもの減量に成功したことになる。


関連記事:平愛梨、17kg減量成功の意外な秘訣 「ご飯も好き放題食べました」

 

■大好きなマクドナルドで3食

彼女が取り組んだのは、驚きの「マクドナルド・ダイエット」。

油脂も糖分もタップリのファストフードは敬遠されがちだが、彼女は食の満足感を大切にするため、すべての食事を大好きなマクドナルドで摂った。そこの調理場でアルバイトしながら、自分向けに購入したハンバーガーのカロリーと炭水化物を減らすことを続けていたという。

特に守っていたのは1日3回必ず食べ、夕食をしっかりと摂ることで空腹で夜が辛いという思いをしないこと。また毎日2〜3リットルの水を飲むことだった。

次ページ
■摂ってよいもの・悪いもの

この記事の画像(1枚)