虐待に耐えかね実父を殺した3姉妹 正当防衛と認められない可能性も

そもそも父親は近所での評判も悪く、娘を虐待する非道な人物だった。

社会

2019/12/07 17:40

三姉妹
(XiXinXing/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

3人のか弱い娘たちは、大きな体の父親から長年にわたり虐待を受けていた。しかし末の娘が高校生にもなると、彼女たちにも抵抗する力がわいてきたという。



 

 

■母親が追い出された家で…

ロシア・モスクワ市のアパートで昨年、ミハイル・ハチャトゥリアンさんという当時57歳の男性が実の娘であるマリア、アンジェリーナ、クレスティーナという当時17、18、19歳の姉妹に殺された。

長年にわたり父親に罵倒され、監禁されて性的虐待の被害に遭い、それにじっと耐えてきたと主張する姉妹。2015年に母親が家を追い出されるとさらに虐待の頻度が増し、姉妹の間からは次第に「殺したい」という言葉が出るようになったという。


関連記事:母親の恋人が4歳の娘らを強姦 性病までうつし有罪判決

 

■積年の恨みと憎しみを晴らす

2018年7月、父親の殺害を決意した姉妹は唐辛子スプレー、刃物とハンマーを手に就寝中のミハイルさんを急襲、惨殺した。

姉妹は警察に自首しており、「父親に対する積年の恨みと憎しみを晴らしたかった。これ以上の被害を受けるのは耐えられなかった」などと供述。近隣住民も「ハチャトゥリアンさんはとても恐ろしい人」と擁護したが、姉妹はいずれも殺人罪で訴追された。

これに人権活動家らが立ち上がり、サンクトペテルブルクで集会を開催。「姉妹の無罪釈放を。それは正当防衛だ」とする36万4,000人以上がオンラインで署名した嘆願書が裁判所に提出された。

次ページ
■正当防衛と認めるのは困難か

この記事の画像(1枚)