父親が息子を警察署の前に捨てる 意外な理由に批判噴出

「この子を育てていくのはいやだ」と考えた薄情な男にとり、子供は無条件に愛せる存在ではなかったようだ。

社会

2019/12/07 16:20

泣く少年
(Marcos Calvo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛情をかけ育ててきた息子に少年らしさをまるで感じることができず、不快感を禁じ得なくなった薄情な父親がいる。ついには親子の縁を切ってもいいと考えたこの男は、なんと息子を捨てる決意を固め実行に移した。



 

 

■親子喧嘩が勃発

米フロリダ州で暮らすある男(30)には思春期手前の息子がいるが、その様子が同じ年頃の少年たちとは異なっていたがために、「うちの息子は同性愛者なのではないか」と考えるようになっていった。

男はそんな息子を理解しようともせず一方的に腹を立て、息子と話し合おうと声をかけるも激しい口論に発展。キレた男はいきなり息子に「バッグに必要な物を詰め込め」「すんだら車に乗れ」と命じ、息子は驚きつつもそれに応じたという。


関連記事:父が誤って9歳の息子を殺す 臓器は病気の子供たち3名に移植

 

■息子を車に乗せ向かった先

何枚かの服をかばんに詰め込んだ少年が車に乗るなり、父親は運転を開始。息子に対し「これからお前を警察署に連れて行ってやる」「警察官が、お前が暮らす新しい家を探してくれるから」と告げ、警察署に到着するなり息子を車からおろすと、置き去りにしたという。

そのとき署は閉まっていたというが男は気にもせず、警察に連絡して息子の保護を要求することすらしなかった。

次ページ
■捨てられ号泣した息子

この記事の画像(1枚)