10代で曾祖母を殴った凶暴性そのまま 22歳男が恋人の猫を惨殺

何かとキレやすく粗暴だった少年。体が大きくなると刑事事件を起こすようになった。

社会

2019/12/07 18:20

暴行
(Andranik Hakobyan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

幼い頃から気性が荒く、どうにも粗暴で手が付けられない…そんな男の子を抱えた家族の苦労は測り知れないものがある。



 

■粗暴な性格に誰もが心配

米国テキサス州ヒューストンのノースショアという町で、少年期から「悪魔のよう」と長いこと嫌われていたジャヴォンテー・アイザイア・スラッシャーという男が22歳にしてやっと投獄され、近隣住民や親族一同をほっとさせている。

小さな動物に対するいじめは幼いころから確認され、10代からは人間に対しても冷血非道で残酷な行動をとるようになったジャヴォンテー。対象は常に自分より弱い者ばかりだった。


関連記事:司法の判断に疑問を持ったことがある? 凶悪犯罪者への判決に怒りの声も

 

■曾祖母を殴り通報される

そんな中でジャヴォンテーは2016年に曽祖母を殴って怪我を負わせ、家族に通報された。その裁判で有罪判決が下り保護観察期間にあったなか、彼はもう1つの凶暴な事件を起こした。通報者は元交際相手の女性だった。

ジャヴォンテーは今年1月、一方的に別れを告げてきたことに腹を立てて彼女が抱いていた愛猫を奪い取り、地面に叩きつけて6〜7回その体を踏みつぶした。動かなくなった猫はさらに、ゴミ箱に向かってボールのように蹴り上げられたという。

次ページ
■怒りのコントロールがきかない