気絶するほど殴られ自殺した8歳児童 学校の対応に遺族が激怒

児童の様子を見守っていたはずの学校は、いじめにつき細かく説明することを避け続けている。

社会

2019/12/08 07:15

小学生・虐待
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「学校は安全な場所」という考えは、もはや通用しない。多くの保護者にそう痛感させるような出来事が小学校でおきた。ショックを受けた児童は、その後に自殺。大変な結果になったことで責任を問われた学校側は、訴えを取り下げるよう遺族に要求している。



 

■トイレで殴られた児童

米オハイオ州にある小学校に通っていた男子児童(当時8歳)が、トイレで殴られ気絶するという出来事があった。

その様子をとらえた監視カメラの映像には、生きているかを確認するかのように恐る恐る蹴ってみる子供たちの姿も。それでもすぐに助けを呼ぶものはおらず、被害を受けた児童は7分ものあいだ放置されたあと、ようやく教職員に発見され介抱された。


関連記事:残酷なゲームの影響か? 6年生男児が教師を銃殺し自殺

 

■絶望した児童の自殺

その後に意識を取り戻した児童だが、翌日にも再び学校のトイレでいじめの標的に。このときは少年2名に挑発され、水筒を奪い取られてしまった。さらに中身をトイレに流されそうになったといい、その様子が確認できる映像も確かにあったという。

しかし学校は、その映像を保存することなく消してしまったとのこと。この日のいじめについては被害を受けた児童が教師にすぐに報告したというがショックは大きかったもようで、児童はその後に自宅で首を吊り自殺した。死亡当時、この男児はまだ3年生だった。

次ページ
■学校側の主張

この記事の画像(1枚)