生き埋めにされた女の赤ちゃん 男尊女卑が根強く残る土地で今なお…

人は誰も女性から誕生している。このことを忘れてよいはずがない。

社会

2019/12/08 15:00

赤ちゃん・泣く
(Konstantin Aksenov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

土のなかから偶然にも発見され、救出された体重わずか1キロの小さな命。「女の子など要らない」という考え方が根強く残る土地ならではという、悲しすぎる事件が伝えられた。



 

■奇跡の発見と保護

インドのウッタル・プラデーシュ州バレーリー地区で今年10月、死産した我が子を土葬しようとして土を掘っていた1人の男性。すると深さ90センチのところに素焼きの壺が埋められていることを発見し、なかから赤ちゃんの泣き声がすることに気付いた。

壺はその男性により取り出され、警察が赤ちゃんを無事保護。総合病院を経て小児科病院へと運ばれた。


関連記事:妊婦を装った女 産後の親友を殺害し新生児を誘拐か

 

■体の脂肪で生き抜いた赤ちゃん

赤ちゃんは女の子で当時の体重は1,088グラム。低体重、低体温、低血糖、そして血小板もごく低値のため、しばらく危険な状況が続いていた。

小児科のラビ・カンナ医師はメディアの取材に、「いつ葬られてしまったのかはわからないが、布にくるまれていたこと、素焼きの壺で通気性があったことが幸いした。赤ちゃんは万が一の際にも自分の腹部、太もも、頬にある脂肪で3~4日は生きられるが、あと1~2時間遅かったら亡くなっていたでしょう」と話している。

次ページ
■両親について情報提供もなく…

この記事の画像(1枚)