ダレノガレ明美、カフェで隣に座った女性に違和感 「あまりにも…」

夜のカフェで過ごしていると、「週刊誌でしょ!」と感じる女性が隣りに座っていたというダレノガレ明美。

エンタメ

2019/12/10 08:00

ダレノガレ明美

タレントのダレノガレ明美が、8日自身のツイッターを更新。カフェで起こった出来事をつづり、ファンから心配の声が寄せられている。



 

■夜カフェで過ごしていると…

夜、カフェで過ごしていたというダレノガレ。その際、隣の席に「あまりにも週刊誌でしょ!」という雰囲気が漂う女性が座っていたようだ。

そのため、あえて「元カレの話」や「来週のご飯の話」「好きなタイプの話」をしてその場を切り抜けたダレノガレは、「話したい話できなかった」とコメントした。


関連記事:仲直りしたいのに意地を張ったことがある? お互いに折れない夫婦も

 

■心配の声が続出

この投稿を受けて、ファンからは「プライベートまで監視されつらいね」「ストレス溜まるな」「大変ですね」と心配するコメントが続出した。

なかには、「周りを気にせずゆっくり過ごせる時間をあげてほしい」「プライバシーの侵害!」と怒りの声を上げる人も。


■有名税だから仕方ない?

誰もが知る芸能人も1人の人間。常に行動を監視されていては、くつろぎの時間さえ安心して過ごすことができないだろう。

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,348名に「芸能人のゴシップ」について調査したところ、51.0%が「有名税だから仕方がない」と回答。男女年代別に見ると、年代が上がるにつれて割合が高くなることが判明した。

今回隣りに座っていた女性が週刊誌の記者であるかは不明だが、こうして発信することにより、彼女が少しでもプライベートが守られた生活ができるよう願いたい。

・合わせて読みたい→ダレノガレ明美、極貧時代の”水筒の中身”に反響 「本当に?」「聞いたことない」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)