加藤浩次、深刻化するカスハラ被害に怒り 「上司に聞かせたい」と反響相次ぐ

『スッキリ』従業員の頭を悩ませているカスタマーハラスメントに、加藤浩次が物申した。

2019/12/10 15:00

加藤浩次

タレントの加藤浩次が10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。客が店員に悪質なクレームや迷惑行為を行なう「カスタマーハラスメント(以下、カスハラ)」の深刻な実態に苦言を呈した。



 

■客から4時間以上の恫喝も

番組では、カスハラに悩むさまざまな事例を紹介。結婚式場で働く20代女性は、担当したカップルの新婦の父親から「契約書の字がキレイじゃない」「衣装合わせのときネクタイがほつれていた」「(試食会後に)料理がおいしくなかったから金は払えない」などとクレームを受ける。

女性はそのたびに自宅を訪れて謝罪し、式当日を迎えた。しかし、式が終わると父親は「花嫁の手紙でみんな感動しているのに、泣いていないスタッフがいて台無しだ」と激怒されたという。

その他にも、1ヶ月以上もカスハラ被害に遭ったガソリンスタンド勤務の男性や、4時間以上も客から恫喝されたというスーパーマーケット勤務の女性のケースが紹介された。


関連記事:櫻井翔も被害告白の「カスハラ」 温床の「お客様は神様論」について聞くと…

 

■「マニュアル対応」に苦言

ショッキングな経験から、うつ病、PTSDなどに悩まされる人も少なくないというカスハラ問題だが、加藤は、クレーマーについて「わざとやってるような感じがするね」と推察。「クレームをつけてる人間っていうのは、相手が文句を言えないだろうっていうのをわかってやってるのね。これはもう最低な行為」とバッサリ切り捨てる。

さらに、各企業の接客マニュアルについて「『相手が怒るときは何も反論せずに聞いてください』とかってそういったマニュアルになってると思うんですけど、(今回のケースは)マニュアルに入ってるお客さんじゃない。その場合はマニュアル外として、上司が対応して『もう来なくていいです』とか『お金いらないんで帰って二度と来ないでください』って言えることを外に一個つくらないと現場の人が困るだけだと思う」と持論を展開した。

次ページ
■ネット上でも大きな反響
クレーマークレーム加藤浩次スッキリカスタマーハラスメントカスハラ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング