指原莉乃、底辺ユーチューバーの月収に驚き 「そうなんだ…」

『サイテー男総選挙』自称底辺ユーチューバーのいとまんが出演。チャンネル登録者数2,000人の気になる月収は…。

エンタメ

2019/12/12 05:30

指原莉乃

10日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)に自称底辺ユーチューバーのいとまんが出演。収入事情を明かし、タレントの指原莉乃が驚く一幕があった。



 

■ユーチューバーの連絡先を取引

番組では、「なんか元気が出る話」をテーマにトークを展開。ネット掲示板で、人気ユーチューバーたちの連絡先が取引されていることに触れたいとまんは「はじめしゃちょーとか東海オンエアのメンバーとかが『10万円から!』って書いてあるんですよ」と明かす。

そこで、いとまんは自身の名前を入れて「1万円で連絡先教えます」と書き込むことに。

しかし、それから何の音沙汰もなく2週間が経過。人気ユーチューバーとはあまりにも違う格差に、いとまんは「逆に頑張ろう」と励みにしたという。


関連記事:神田松之丞、ユーチューバーに月収を聞きたがる芸能人に的確ツッコミ

 

■底辺ユーチューバーの月収は…

そんないとまんだが、同番組の出演をきっかけにチャンネル登録者数が2,000人を突破。ブラックマヨネーズの吉田敬から「登録者数2,000人やったら生活できるん?」と聞かれると、「いや、月収5,000〜6,000円くらいなんで…」と告白する。

指原が「そうなんだ…」と悲しそうな表情を浮かべると、いとまんは「それを相方と折半なんで…」と現在もアルバイトを4つ掛け持ちしていることを明かす。

そんな「底辺ユーチューバー」の金銭事情に、吉田は「フリーターやんけ!」とツッコミを入れて笑いを誘った。


■ユーチューバーは楽して稼いでいる?

動画内で楽しそうに話すユーチューバーを見て「楽に稼げるんだろうな」と思ったことがある人はいるだろう。しかし実際には、いとまんのように苦労しているユーチューバーが大半だ。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名に調査したところ、「ユーチューバーは楽に稼いでいると思う」と答えたのは4人に1人ほど。多くの人はユーチューバーで生計をたてることは難しいと思っているようだ。

ユーチューバーは楽に稼いでいるように見えるグラフ

ちなみに、いとまんが活動している「闇のフェスティバル」は6日時点の動画で、「モチベーションの低下」などを理由に動画投稿ペースを月1本にすることを発表。やはり、簡単にはいかない世界のようだ。

・合わせて読みたい→ユーチューバー芸人・フワちゃんが月収を赤裸々告白 「びっくりしちゃった」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)