加藤浩次が発表した『今年の漢字』にツッコミ相次ぐ 「でしょうね」

『スッキリ』加藤浩次が「今年の漢字」を発表するも、自虐連発に爆笑の声があがる。

エンタメ

2019/12/12 13:30

加藤浩次

タレントの加藤浩次が12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、自身が考える「今年の漢字」を発表。自虐ともいえる回答に、ツッコミの声があがった。



 

■加藤の「今年の漢字」は…

番組冒頭、出演者たちは一年をあらわす漢字を発表する。「吉」を挙げた加藤は「『よし』じゃなくて…ごめんなさい『きち』でした」と話し、吉本興業との契約騒動を自虐するボケで笑いを誘う。

ハリセンボンの近藤春菜から「『よし』と『きち』じゃだいぶ意味が変わりそうですけど…」とツッコまれると、「『きち』です。凶でもないし大吉でもないし、自分の人生が『きち』だったって」と理由を説明する。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、結婚報告を謝罪する嵐・二宮和也に一言 反響相次ぐ

 

■自虐連発に「ちょっとちょっと…」

さらに、加藤は「『よし』からいなくなったみたいなこともありますけど」と自虐を続ける。これにはスタジオからも「ちょっとちょっと…」とやんわりとツッコミが。

「『よし』からいなくなって…『きち』だったって」と話す加藤に、近藤や水卜麻美アナウンサーは「いろんな意味が込められてますね」と感想を漏らした。


■はたして今年の漢字は…

出演者らが爆笑した加藤の発言に、ネット上でも「なんか意味深」「でしょうね」「吉本の吉ってハッキリ言えばいいのに(笑)」とコメントがあがる。

加藤にとっては働き方を見直すきっかけにもなった吉本騒動。はたして「吉」は今年の漢字に選ばれるのだろうか…。

・合わせて読みたい→加藤浩次、ロンブー復帰会見の第一声にツッコミ続出 「そこですか!」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一