『ケンミンSHOW』熊本のタピオカブームが「早すぎる」と話題に

12日放送の『ケンミンSHOW』はタピオカ特集。10年以上前から流行ってるという熊本が話題に。

グルメ

2019/12/13 06:00

タピオカ
(yaophotograph/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

12日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』では、いま東京を中心に大ブームを起こしている「タピオカ」について特集。そんななか熊本県の早すぎるブームの到来が、ネットで話題になっている。



 

■2005年頃から流行

昨今のブームに待ったをかける県として紹介された熊本。なんと、同県では10年以上前から流行っているのだという。その先駆けは、現在県内に6店舗を構える『タピキング』と呼ばれるタピオカ専門店。

2005年頃に、台湾でのタピオカミルクティの流行からヒントを得て同県で販売を始めたところ、瞬く間に火が点いたのだという。それから人気は去ることなく、いまに至るまで安定してブームが続いているのだそうだ。


関連記事:好きでもないタピオカを飲んで… 周囲に流されやすい人の特徴とは

 

■「時代乗り遅れてんな」

県内で街角インタビューを敢行した同番組。若い女性グループに、東京では「インスタ映え」として写真に収めることが通例となっている旨を伝えると、「あるのが当たり前だから恥ずかしい」「こっちで載せても『何で』ってなる?」と辛辣な返しが。

また東京都心部でとくにありがちな、店の前に行列をなしている光景については「(普通)並ばんし」とバッサリ。「遅くね?」「時代乗り遅れてんな」と散々な言われようの都民だった。

次ページ
■「完全に先駆け…」