『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 高級部位で比較

ステーキガストといきなりステーキ、高級部位ではどちらがお得?

2019/12/14 14:00


 


 

■ステーキガストのリブロース

お次のステーキガストのリブロースは、サイズが2種類あり、250グラムだと税抜1899円で、グラムあたり約7.6円。350グラムだと税抜2399円。グラム単価約6.9円と、いきなりステーキと同じ金額になる。

350グラムが売り切れだったので250グラムを選択したが、肉の味については正直言っていきなりステーキもステーキガストも同レベルである。


関連記事:圧倒的安ウマさを誇るステーキ店『ステーキマン』 コスパ良すぎて震える

 

 

■やはりコスパは最強

ただ、やはりステーキガストが強いのはサラダバーの存在。種類豊富なサラダにカレーやパン、簡単なデザートもついて、250グラムのセットが税抜2,249円と激安。

いきなりステーキでライスをつけるのと同じぐらいの値段で食べられてしまうし、ドリンクバーもクーポンを使えば99円になるため、ステーキ以外のメニューを頼めば頼むほどお得度に差がついてしまう。

また、大きなステーキを食べるときにステーキソースの種類が多いと嬉しいのだが、ステーキガストは定番2種以外にもサラダバーに数種類のソースが用意されており、定期的に変わるため飽きることがない。

それ以外にも席の広さやWi-Fi、コンセント付きの店もあったりと店内の快適さが段違いで、1人でもファミリーでも来れるのが嬉しいところ。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■コスパはステーキガストの勝利だが…
コスパいきなりステーキステーキガスト食べくらべリブロースいきなりステーキグルメ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ