『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 高級部位で比較

ステーキガストといきなりステーキ、高級部位ではどちらがお得?

2019/12/14 14:00


 


 

■コスパはステーキガストの勝利だが…

今回も結果としてはステーキガストがお得だったが。記者がステーキガストで再度リブロースステーキを頼むかと聞かれたら、答えはNOである。なぜなら安価な熟成赤身ロースステーキが美味しすぎるので、お金を足してリブロースを食べる意味がないからだ。

ステーキガストの熟成赤身ロースステーキは元々旨味の強い肩ロースの芯の部分を熟成してさらに美味しさを高めており、厚みもあるので食べ応えも抜群。

また、ハンバーグも超コスパが良く、クーポンを使えばサラダバー付きでおろしハンバーグが税抜799円。安価なメニューが美味しすぎるのである。


関連記事:コスパ最悪『いきなりステーキ』が食べ放題を開始するも高すぎてドン引きの声多数

 

 

■いきなりステーキのメリット

ただ、いきなりステーキもステーキ自体のコスパはステーキガストと同等だし、食べれば食べるほどお得な肉マイレージカードを使えば300円のソフトドリンクが1杯無料になる。

また、店のある場所もステーキガストに比べて駅チカなことが多く、アクセスが良いところもメリットのひとつ。JALカードを使えばマイルも倍でたまる。

高級部位のステーキを1人でサクッと食べたいならいきなりステーキ、ファミリーや、ゆっくりとステーキを味わいたいならステーキガストと、使い分けるのがいいだろう。

・合わせて読みたい→コスパ最悪『いきなりステーキ』が食べ放題を開始するも高すぎてドン引きの声多数

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

コスパいきなりステーキステーキガスト食べくらべリブロースいきなりステーキグルメ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ