「女性を殺して脳みそを食べた」 狂気のカニバリズム殺人で21歳男を逮捕

人の体を執拗に切り刻む猟奇殺人。その狂気と冷血非道さに身震いせずにはいられない。

社会

2019/12/15 13:00


 

■空腹で脳みそを食べることに

タリサヤン警察のマリベス・ラモガ署長によれば、バグトンは取り調べに対し「女性は墓地の近くで見つけた。金属製の鈍器で頭を殴って殺し、草刈り用のノコギリ鎌で斬首。脳みそを調理してご飯にのせて食べた」などと供述。頭蓋骨は自宅の近くに捨てたとしている。

殺害の動機については「英語を使われて理解できずカッとなった」などと話しているバグトンだが、まだ不明な点が多い。彼をよく知る人々から「精神疾患があるとずっと疑っていた」という声があがっており、精神鑑定のための詳しい検査が必要だという。


関連記事:デブとからかわれ続けた20代男 同僚女性の首を絞め殺し、遺体を燃やして逮捕

 

■過去にもさまざまな事件

カニバリズム(人肉嗜食)による猟奇殺人は男女にかかわらず、どの世代でも起きている。2014年にはフランス北部のロンウィという町で、71歳の女が80歳の夫を殺して心臓、鼻、睾丸などを鍋に入れて調理。

2017年にはインド・パンジャーブ州のルディヤーナー市で、当時16歳の少年が遠い親戚にあたる9歳の少年を殺してその肉と血を食べ、心臓を自分の小学校の近くに遺棄。「殺人事件番組が好きで人の血液や肉に興味があった」と供述して話題になった。

・合わせて読みたい→妊娠した23歳姉を19歳弟が絞め殺す 警察に語った驚きの犯行動機

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)