恋人に捨てられた男性が傷心 ガソリンをかぶり火だるまに

愛する女性の目の前で…。衝撃的な方法で死のうとした男性は救助されたが、予断を許さない状態だという。

社会

2019/12/15 07:30

火と男
(Oksana_Bondar/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性がくだした「別れる」という決断にショックを受けた男性が、どうしても納得することができず「やり直そう」と訴えかけた。それを受け入れてもらえなかった男性は絶望し、持参していたガソリンをかぶり自分の体に火を放つという行動に。

慌ててかけつけた人々が消火を試みるなか、痛がって叫ぶことさえしなかったという。



 

■恋人との別れと未練

英国で暮らすある男性(42)が、交際期間4~5週間という女性に別れを告げられた。破局したのは6週間ほど前のことだというが男性は女性の決断を受け入れることができず、「俺との交際を続けてほしい」と本人に会い必死に懇願。

しかし「やり直す気はない」という女性の決意が固かったことから男性は人生を悲観し、「こうなったら死ぬしかない」と思いつめたようだ。


関連記事:愛する人と新年を祝おうと… 花火に火をつけた瞬間に爆発し男性が死亡

 

■口論勃発の末に火だるまに

「やり直そう」「嫌だ」というやり取りの末に、男性はあるパブのすぐ外でガソリン携行缶数本を取り出した。

すぐに危険を察知した元恋人が缶を取り上げようとするも不可能だったといい、男性はいきなりガソリンをかぶり女性を驚かせたとのこと。その直後に男性は自分の体に火を放ち、一瞬で火だるまになったという。

このとき5メートル近い炎が上がり、男性はその中で1分半ものあいだ焼かれたとのこと。しかしそのような状態にあっても動揺した様子は皆無で、死の訪れを待っているようだったという。

次ページ
■「死なせてくれ」と懇願

この記事の画像(1枚)