サッカーチーム会長の娘を妊娠させた外国人選手 運営陣激怒で除名処分

チームに「異性との交際におけるルール」なるものが存在する…?

2019/12/15 07:45

サッカー
(Pixfly/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どんなスポーツにおいても言えることだが、選手たちをしっかりと統率する目的で、チームごとにある程度厳しい規則が設けられていたりする。チーム内の恋愛はやはり御法度という印象が強いが…。



 

 

■チーム会長の娘と極秘交際

スロベニアのあるサッカーチームに所属していた選手について、今後の運命を左右しかねない大きなトラブルを起こしていたことが『ガーナ・サッカーネット』により伝えられた。

2019年5月にそのチームに移籍したナイジェリア国籍の選手が、チームの会長の娘と極秘に交際。彼女を妊娠させてしまったのだ。これには会長はもちろん、オーナー、監督、コーチも激怒。11月に除名処分をくらい、その選手はナイジェリアに帰国したという。


関連記事:対戦相手の股間をガブリッ サッカー選手に5年のリーグ活動停止処分

 

■「愛し合っていた」と主張

祖国に帰国したその選手とのインタビューに成功した『ガーナ・サッカーネット』。

彼はそこで、「3年契約のはずがわずか半年で除名処分になってしまった。彼女は成人しており私達は真剣に愛し合っていた。応援してくれるチームメイトもいた」などと話したという。

そのため彼は、この仕打ちや自分に対する除名処分が適切なものなのか欧州サッカー連盟を傘下に収める国際サッカー連盟(FIFA)に相談する模様だが、場合によっては提訴を検討するとしている。

次ページ
■「連絡が取れない」と嘆く

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

恋愛サッカー妊娠選手処分会長プロントチームスロベニアナイジェリア
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング