ココリコ・田中直樹 「『笑ってはいけない』の内容は息子から知らされる」

お笑いコンビ・ココリコの2人が『笑ってはいけない』のイベントに登場した

田中直樹

お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造と田中直樹が12月15日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時 DVD・Bule-ray発売&大晦日特番放送決定記念イベント』に登場した。


画像をもっと見る

 

■田中は直前まで知らないどころか…

例年、大晦日では定番となっている同番組。毎年数多くのドッキリが仕掛けられるが、田中は「普通は『今年はトレジャーハンターで行く』とかあるけど、当日まで本当に内容・テーマを知らない」と話す。

「(ロケの)前日にラッピングバスがシュミレーションをするところがSNSで拡散されて、人の目に触れられる。それをSNSで見た息子から『今年はレジャーハンターらしいよ』と教えられた」と、息子経由で知らされているとも明かした。


関連記事:『ガキ使』藤原副社長、騒動イジられ困惑 「会見以来じゃない?」

 

■遠藤は自宅で叩かれる

笑ってしまうと、藤原寛・吉本興業副社長の「〇〇、アウト~」の音声が流れ、罰として棒でお尻を叩かれるのが特徴の一つだろう。遠藤は「(山崎)邦正は前の日から痛み止めの薬を飲んで挑んでる」と、過酷さを告白。

遠藤自身は「ボタンと棒のセットでもらって、家にある。息子も(父親が出演していると)わかってるので、ボタンを押してこの時期毎日叩かれてる」と自宅でも叩かれていると明かした。


■藤原副社長「慣れない」

イベントには例年出演している藤原副社長も登場。「全く慣れない。怖くて怖くて…」と、照れ笑いを浮かべながら振り返った。今年の大晦日も、笑いの波が日本列島が包むことだろう。

・合わせて読みたい→乃木坂46・遠藤さくら、西加奈子の『サムのこと』実写化ドラマで主演

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(5枚)