「闘魂注入ビンタ」で荒稼ぎ 6歳児を死なせたイカサマ療法士に禁錮刑

重い病を抱えて弱くなっている人の心につけ込む詐欺行為。民間のインチキ免疫療法もその一つだ。

社会

2019/12/15 17:40

ビンタ
(BrilliantEye/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

元プロレスラーで政治家でもあったアントニオ猪木氏が、弱くなっている人の心に喝を入れるために行って話題になった「闘魂注入ビンタ」。これで重い病が治るとは誰も言っていないというのに…。



 

■東洋医学に混じる詐欺行為

神秘的な東洋医学の世界に魅了される欧米人は多い。中国に古くから伝わる薬膳や漢方薬、お茶などを勉強したいと考えている人も大勢いる。

そんな東洋医学の静かなブームに支えられ、オーストラリアのシドニーでわずかながら注目を浴びるようになったのが、中国人が広めていた「ビンタ療法(スラピング・セラピー)」というきわめて怪しい代替医療だった。

しかし2017年、ホン・チー・シャオという56歳の施術者による手荒いその療法を受けた6歳の男の子が死亡。シャオと男の子の家族数名が逮捕・起訴された。


関連記事:「白血病の息子のために」 点滴液にとんでもない物を混入した母親に実刑判決

 

■1型小児糖尿病の男の子

男の子はウイルス感染などにより免疫に異常が起きて発症する1型小児糖尿病を患っており、日々インシュリン注射が不可欠だった。

辛い治療に胸を痛め、効果的な民間療法がないか模索していた男の子の両親。あるワークショップで「ビンタ療法」を知り、『ガンや糖尿病は我々の得意分野』といううたい文句に騙されたまま、施術者のシャオに連絡をとってしまった。

シャオは1週間の施術で日本円にして19万6,000円を要求。両親はわらをもすがる思いでそれを了承したという。

次ページ
■「糖尿病は得意分野」と男