爆問・田中が最後の晩餐で食べたいモノに衝撃 太田は「ウケ狙った?」

『太田松之丞』で爆笑問題・田中裕二が「最後の晩餐で食べたいモノ」を明かして…

エンタメ

2019/12/19 18:00

田中裕二

地球最後の日になにを食べるか、人によって異なる「最後の晩餐」について18日深夜放送『太田松之丞 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)で言及。爆笑問題・田中裕二が意外な「食べたいモノ」を明かし、相方の太田光から厳しいツッコミを受けた。



 

◼食の好みを熱弁

太田はお茶漬けや納豆卵かけご飯といったシンプルな食事や長浜ラーメンが好きと告白。100年に1人の天才講談師・神田松之丞は「味の濃い九州料理」が好みだと、それぞれの食のこだわりを明かしていった。

さらに大阪で食べたたこ焼きが絶品だったと語った太田に対し、「ハードルをあげきっていてもウマかったのはハーゲンダッツ」だと松之丞は追従する。

この話題から「初めて食べるモノにはかなわない」と太田は結論づけ、ピザやボンゴレパスタなどを初めて口にした日の感動を熱弁した。


関連記事:神田松之丞、行きつけの蕎麦店に不満爆発 「80歳すぎのババアが…」

 

◼田中の最後の晩餐は…

ここで、普段は2人のトークを別室でモニタリングしている田中の「最後に食べたいモノ」が発表される。

田中が選んだ最後の晩餐は「ネギマ」。理由は「美味しいから」と告げられると、太田は「は? 全然おもしろくないね。ウケ狙ったの?」と不満げ。その様子に松之丞は「こんなに険悪で終わるの?」と爆笑した。

次ページ
◼視聴者の反応は?