『スッキリ』加藤浩次、パワハラと指導の違いを主張 「まさにそれ」

『スッキリ』加藤浩次がパワハラに対する苦言を呈し、視聴者からは賛同する声が多数上がっている。

エンタメ

2019/12/20 12:30


 

■人に注意する上で重要となるのは…

木下氏の発言をめぐり、スタジオ内では様々な意見が飛び交った。すると加藤は「相手が間違ったことしてるんなら、注意したり怒ったりすることは悪いことじゃないと思う」と持論を展開。

「ただ、怒られる側の自尊心を傷つけるような怒りかたっていうのは違うと思う」「怒るならやった事象に対して怒るべき」と続け、パワハラと指導の違いについても言及している。

今回のケースでは、「慰謝料払えんのか」というフレーズが「明らかにおれより金銭的に(立場が)低いだろ」という含みを持って聞こえるのが気になるようだ。


関連記事:小倉優子、テレビ業界での衝撃パワハラ暴露 「殺人未遂じゃない?」

 

■賛同の声が続出

加藤の意見に対し、ネット上では「まさにそれ。自尊心を傷つける言葉がさらなるパワハラに繋がると思う」「注意したり怒ることが悪いんじゃなく、相手の心を踏みにじるのがいけないんだよね」など共感を寄せるコメントが多数上がっていた。

・合わせて読みたい→電車の割り込みカップルを注意したら… 「思いもよらぬ展開」に衝撃

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ