『明石家紅白』に工藤静香が登場 抜群の歌唱力見せるも変わりように「誰?」

『第7回明石家紅白!』(NHK)に工藤静香が登場し、視聴者の注目を集めた。

エンタメ

2019/12/22 05:45

工藤静香

21日に放送された『第7回明石家紅白!』(NHK)に、紅組枠で「さんまが会いたいアーティスト」として工藤静香が登場。視聴者の間では、そんな工藤の変わりように多くの注目が集まっている。



 

■さんまとは11年ぶりの共演

紅白歌合戦に8回出場した過去を持つ工藤。なお今回、そんな工藤は司会・明石家さんまと11年ぶりのテレビ共演を果たした。しかし工藤によると、さんまとはプライベートで2週間前に会ったばかりで、一緒に食事などをしたという。

なお、工藤はスリムな体型をキープしており、その証拠となる写真が公開されると、さんまは思わず「これはすごいよね~! 脚長いし、やっぱり…」と大興奮する姿を見せた。

普段の生活の中で、割と運動することが多いという工藤。キッチンに立っている時や歯を磨いている時に足を上げる運動などをし、スタイルを維持していると明かした。


関連記事:工藤静香、“さんま”を意味するピアスに反響 「そういうことか…」

 

■「顔違う…」とざわつき起きる

現在の工藤の姿を見た視聴者からは「顔が怖いんだけど」「工藤静香顔違う…」など、怖がる声や驚く声が上がっている。

しかしその一方で、さんまとのトーク後に披露した曲「慟哭」を歌唱した際には、「歌声が衰えてない」「歌唱力は現役だな」と、称賛する声が相次いだ。

その他、工藤のスタイルの良さには「美ボディ!」との声が上がったが、目元やメイクに対しては「別人」という声が殺到した。以前に比べ、歌唱力が断然上がっている工藤。今後も歌唱力の進化には目が離せなさそうだ。

・合わせて読みたい→工藤静香、愛犬とじゃれ合う動画を公開 「ちょっとしたお出かけ」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子