M−1初出場のミルクボーイ、過去最高得点を記録 ナイツ塙も「100点に近い」

M-1グランプリ2019年初登場のミルクボーイが過去最高得点を記録した。

エンタメ

2019/12/22 21:56

ミルクボーイ

22日放送の、漫才日本一を決める番組『M-1グランプリ2019』(ABC・テレビ朝日系)に初出場したお笑いコンビのミルクボーイが、番組史上最高得の681点を記録した。SNSではモデルの佐野ひなこや俳優の要潤も話題にしている。



 

■初出場で最高得点

ミルクボーイは2007年に結成された大阪のお笑いコンビ。事前インタビューでは、今年テレビ番組で初めて漫才を披露する語っており、7組目として出場した。

番組ではコーンフレークをテーマにした漫才を繰り広げ、大きな笑いを誘い、番組史上最高得点の「681点」を記録した。


関連記事:ミルクボーイ、M−1史上最高得点で優勝 「優勝すると思ってなかった…」

 

■100点に近い

審査員を務めたナイツの塙宣之は99点をつけ、「100点に近い。人の力と言葉の力とセンスが凝縮されている」と語った。またダウンタウンの松本人志は97点をつけ「揺すぶられた。これぞ漫才っていうのを久しぶりに見せてもらった」と評価。

97点をつけたサンドウィッチマン富沢たけしは、「何も考えずに笑える」とコメントした。そのほか、オール巨人と立川志らくは97点、中川家礼二は96点、上沼恵美子は98点をつけている。

次ページ
■芸能界でも話題に