「SMプレーで人を殺したい」 境界性人格障害の20歳女が出会い系男性を死なせる

国際結婚などを視野に、日本人女性の利用も多いといわれる出会い系アプリ「Plenty of Fish」だが…。

社会

2019/12/23 09:40

SM
(artfotoss/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「私はすごくヤバイ女」「人格障害があるから近づくと危険かも」。自分自身をこんな風に紹介する女に、その男性はまるで吸い寄せられるようにして魅かれていった。



 

 

■18歳女はSMプレーで…

オーストラリア・メルボルンの民家で2018年7月、インド国籍のモーリン・ラソッドさんという24歳の男性がSMプレーの最中に死亡した。

現場はラソッドさんが出会い系アプリ「Plenty of Fish」を通じて知り合った、当時18歳のジェイミー・リー・ドルヘガイという女の自宅。ラソッドさんはベッドのうえで足と身体を縛られ、バイブレーターの電気コードで首を強く絞められていた。


関連記事:アプリで出会った男性を殺害した男 「睾丸を切り取り食べた」と告白

 

■怪しすぎるプロフィール

ドルヘガイが「Plenty of Fish」につづった自身のプロフィールは、なかなか正直なものだった。

「自傷を繰り返し自殺企図も強い」「緊縛などSMプレーに強い興味がある」「私はヤバイ女。境界性人格障害と診断されている」「これまで男性とデートしたことがない」といった内容で、ラソッドさんはそのあたりを承知のうえでドルヘガイにデートを申し込んでいた。

次ページ
■男性も危険なプレーを希望

この記事の画像(1枚)