4歳児が倒れた母の命を救う 救急隊員も「感銘受けた」と驚き

「しっかりとした子」に育つかどうか、やはり普段の会話が大切なのだろう。 

社会

2019/12/23 10:30

子供・電話
(Chiyo Hoshikawa/amanaimagesRF/Getty Images Plus/写真はイメージです)

家庭内に非常事態が起きた時、あなたにとって4歳の子供とは「役に立ってくれる存在」だろうか。それどころか「邪魔をせず、子供部屋にいて」などと命令してはいないだろうか。



 

■母親の命を救った4歳の娘

アメリカで今、幼い女の子が母親の命を救い、救命救急がスムーズに行われるよう隊員を上手にサポートして話題になっている。

母親は細菌性の重い感染症を患っていたことがわかり、治療のため4日間入院して現在は回復しているが、もしも娘にそれほどの機転が働かなければ、彼女は今はもうこの世の人ではなかったはずだという。


関連記事:患者が転げ落ちたまま救急車が25キロも走行 救命救急士は何をしていた?

 

■女の子は電話を切ると…

話題の女の子はニュージャージー州サマセット郡に暮らす4歳のアイラ・グレイザーちゃん。今月上旬、母親のヘイリー・グレイザーさんが突然意識を失って倒れ、異変に気付いたアイラちゃんは電話機を手に911番に通報。これにより救急車が出動した。

電話を切るとアイラちゃんはイスを引っ張ってドアの前へ。そこに登るとカギを解錠した。玄関ドアの高い位置に内鍵がかけられていることを知っていたのだ。

次ページ
■隊員も驚いた女児の機転

この記事の画像(1枚)